東京23区・浦安・神奈川・横浜・川崎の納骨堂から専門家があなたの希望する条件に合ったものだけを提案や見積りをしてくれる無料サービスです。

  1. トップページ >
  2. 納骨堂とは?

納骨堂とは?

納骨堂とはお墓と同じように亡くなった方の遺骨を保存する場所です。
基本的には室内で保存します。お寺の建物の中に設けられていたり、納骨専用の屋内型の施設(納骨堂)があります。

各利用者ごとに仕切られロッカー式や、シンプルな棚式が中心ですが、徐々に仏壇型、マンション型、墓石型などデザインやタイプも多様化しています。このような様々なロッカーや仏壇型などの中に骨壷を収納するスペースがあり、そこへ納骨します。
納骨できる遺骨の数は、お一人用、お二人用、ご家族用などがあります。
永代使用権が付与されていなければ外墓と何ら変わりはありません。
また、他の方の遺骨と一緒に供養される永代供養墓(合同納骨堂)というのもあります。
※永代使用権・・・永久に納骨堂を使用できる権利(受け継ぐ家族や、子供がいる場合に適しています)

納骨堂 納骨堂 納骨堂

最近では、セキュリティ面を強化したカード認証式などもあります。
こういった場合、値段も非常に高価なものもありますが、一般的な物であれば、墓石を使ってお墓を建てるよりも費用が抑えられる事が多いです。

お墓の購入であれば、平均予算300万円程度が必要ですが、納骨堂であれば、お一人様用が50万円と平均的なものになります。ご家族用ならば100万円程度になります。

納骨堂は以前まで、お墓を建てるまでの一時預かりの場所という意味合いが強くありましたが、現在はお墓の代わりとして納骨する場所という意味合いになっています。

納骨堂が注目されている理由

特に首都圏では都市の進展に伴い、墓地不足や地価の高騰により新しくお墓が建てられないという問題が起きています。

ちなみに、東京では2010年度のお墓の公募で平均倍率が約12倍という高倍率でした。
現在も都内の人口が増え続けている一方で、財源や土地の確保が難しいため、お墓の需要と供給が崩れています。
残念ながら今のところ霊園(墓場)の新設予定はないそうです。

そのため、スペースを有効利用でき、しかも経済的負担が少ない納骨堂が注目を浴びています。

納骨堂は、お墓に比べると中心街の駅から徒歩数分の距離にあることが多く、また、室内ということもあって利便性や衛生面での良さで選ぶ方が増えています。天候に左右されることもなく、草抜きなども必要がありません。明るく清潔な設備と施設です。

中には、見た目の判断でお墓ではないと感じる方もいますが、お墓参りできない立派なお墓よりも、身近でいつでも通える納骨堂の方が、故人も喜ぶと思われます。

昔に比べればお墓参りがより近く、より気軽にいけることから故人を身近に感じお墓参りの回数も増えるので、故人からも喜ばれことでしょう。

納骨堂のメリット
  • 「後継者がいなくても供養してもらえる」
  • 「自分一人だけのお墓にすることができる」
  • 「故郷が遠く、転勤が多くても家の近くで納骨できる」
  • 「お墓に比べて低予算で納骨できる」
  • 「掃除や草抜きなどが必要ない」

お墓と納骨堂の違いこちらのページでまとめています。
>>お墓と納骨堂の違い


無料紹介のお申込み