東京23区・浦安・神奈川・横浜・川崎の納骨堂から専門家があなたの希望する条件に合ったものだけを提案や見積りをしてくれる無料サービスです。

  1. トップページ >
  2. 納骨する前に知っておきたいこと >
  3. 葬儀が終わったらするべきこと【納骨の時期と方法】

葬儀が終わったらするべきこと【納骨の時期と方法】

葬儀が終わった後にやらなければいけないことは、法要納骨です。

法要とは拝むことで、死後七日ごとに四十九日まで行います。
四十九日法要は、近親者や友人・知人を招き僧侶に読経していただきます。

納骨とは、お墓などへ遺骨を納めることをいいます。

納骨の時期

納骨の時期は、特に決まりはありません。地方や宗派によって違いますが、お墓がすでにある場合は四十九日の法要に合わせて納骨します、またお墓がない場合は一周忌に合わせてお墓や納骨堂へ納骨することが多いようです。
遅くとも三周忌までには、納骨するのが一般的です。

納骨の方法は、すでにお墓の建立や納骨堂との契約がある場合には、お寺や納骨堂へ連絡して日時などを相談します。納骨には埋葬許可書と印鑑が必要です。
埋葬許可書は、死亡届を提出した際に火葬許可書とセットになって交付されます。


まだ、納骨する先が決まっていなければこれから探す必要があります。

お墓にするのか、それとも納骨堂にするのか、そこにはいろいろな条件や、メリット、デメリットがあります。また、宗派の問題やお参りの問題などもあります。

納骨場所というのは一度購入して終わりではありません。
これから先、将来にわたってお墓参りをしたり、先祖代々引き継いでゆくものです。

特に首都圏では、お墓に関する様々な問題が起きています。
後回しにせず今すぐにでも検討することが必要な事態になっています。


詳しくは、「お墓が抱える問題」のページをご覧ください。
>>お墓が抱える問題


  • 納骨する前に知っておきたいこと
  • 1
  • 2
  • 3
無料紹介のお申込み