東京23区・浦安・神奈川・横浜・川崎の納骨堂から専門家があなたの希望する条件に合ったものだけを提案や見積りをしてくれる無料サービスです。

  1. トップページ >
  2. お骨の行き先.comについて >
  3. お骨の行き先.com誕生ストーリー

お骨の行き先.com誕生ストーリー

ああ

まず始めに、私は葬儀や納骨堂業界にいた訳でもなく、納骨堂についてすごく詳しい訳でもありませんでした。

私は、北海道に生まれ育ち、現在は本州に渡り生活しています。昨年、予期せぬ母の死にあいました。突然の死で、自分も含め、家族皆うろたえました。
葬儀を終え、四十九日迄の間というのは、悲しみに浸ると言うより、細かい手続きや、通常の生活の中では話題にのぼらない問題が色々とおこるものです。

その中の1つがお墓問題でした。

現在、北海道に先祖代々のお墓があり、実家には父が一人健在です。
家は、北海道と一口に言っても、飛行機を降りてから、ザッと4時間はかかる田舎です。
姉妹もいますが、本州で生活しています。親族においても、イトコ含め、皆な女ばかりで、引き継ぐ人間はいません。話の中に、皆、触れたくはないが、最大の問題が、お墓である事は間違いありませんでした。

「父がいなくなった時、お墓参りはどうなるのか?」・・・。私だけを取り上げても、遠く離れ仕事や家庭もあり、簡単にお墓参りだからと、家を何日も空ける訳にはいきません。おまけに、実家も無くなったら交通費に宿泊費と、膨大な金銭も必要となります。だからと言って、両親の眠るお墓を無碍にしたくもありません。

せめて、電車や車で、日帰りでもお参り出来る地域に、お墓を移動できないものか?と、考えました。そんな時、宗旨宗派問わず、永代供養をしてくれる「納骨堂」というものがあると、情報を耳にしました。


ところが、納骨堂ってどこにあるの?どんなところ?
今まで、仏に関わる事のなかった私には解らない事だらけで、インターネットを見ても、どれも同じ事だけをクローズアップ、書籍もあまりなく、友人に聞いても納骨堂の存在さえ知らない・・・。
思い切って納骨堂に電話をしてみたところ、どこも大変親切に対応して頂きました。

パンフレットも送って下さいました。見ると、どこもきれいで良いのです。
しかし・・・、選び方のポイントが解らないのです。今持っているお墓もどうすればいいのか?
購入価格以外は、詳しく現地に行って聞くしかないみたいだし・・・。行ったら、契約しなくてはならなくなるんじゃないか?・・・。精神的な不安と抵抗感が湧き始めたのです。

名前を名乗らず問い合わせはしても、資料を送ってもらうには、やはり個人情報が必要でした。
資料が届いてからは、何件も問い合わせたので、電話がかかってきても、どの施設からなのか、膨大なパンフレットの山をガサガサ探しながら、話を聞きました。
せっかく良心的にアドバイスをしてくれているのに、終いには「決まったら連絡しますので、もう電話しないでください。」などとも、言ってしまいました。

おそらく、このページをご覧になっている皆さまも、かなりの高額を想像しながら、いつかは絶対用意しなくてはならないものであるが故、同様の悩みや経験、そして心理的な抵抗感があるのではないでしょうか?そして、きっと同様に悩む方がこの先も増えてくると思っています。


見学させてもらって、親切に対応されても、それを断るのも心苦しいものです。
お骨の行き先.comは、そんなあなたに変わって、匿名で、1件ではなく複数の納骨堂の資料を集め、お見積り・提案が無料で受けられる!というシステムです。

あなたは、このサイトを利用し、匿名で資料・見積を受け、さらにサイトを通じ、質問のやり取りをして下さい。その上で、気に入った納骨堂に実際に行き、見学して契約という流れです。

購入をあおったり、強制することは一切ありません。納得いくまで質問をして下さい。
見学も何度行かれてもよいです。
本当に相性の合う、信頼できる納骨堂との出逢いをお手伝いする目的で、このような仲介サービスを行なっております。


納骨堂には、お世話になった先祖との思い出が、たくさん納められています。
せめて、1年に一度は、お参りをして、先祖の供養をしてあげてほしいです。
全国の加盟納骨堂と共に、より一層のサービス向上に努めていく所存でございます。

ぜひとも、当サイトの趣旨を理解し、十分に活用して、本当に素晴らしい満足のできる納骨堂が見つかる事を、スタッフ一同心より願っております。

納骨アドバイザー 岩垂文絵

無料紹介のお申込み