東京23区・浦安・神奈川・横浜・川崎の納骨堂から専門家があなたの希望する条件に合ったものだけを提案や見積りをしてくれる無料サービスです。

  1. トップページ >
  2. 納骨する前に知っておきたいこと >
  3. なぜ生前にお墓を購入する人が多いのか?

なぜ生前にお墓を購入する人が多いのか?

生前にお墓をつくるのは縁起が悪いと考える方も多いのではないでしょうか?

しかし、お墓を購入する方の約8割が生きている間に購入しています。
なぜなら、その方がメリットが多いからです。

実は、仏教的には生前に作る生前墓は「寿陵(じゅりょう)」と言われ、めでたくて縁起が良いと言われています。生きている間に、自分の冥福を祈るという行為は、大変徳の高いこととされます。

そして大きなメリットとしては、税金対策になることです。

墓地を買っても不動産取得税とはなりませんし、固定資産税や都市計画税などの税金もかかりません。そして、相続がかからないということが一番の税金対策です。お墓は相続財産とは異なり、祭祀財産として扱われこれは非課税となります。
そのため、残るご家族への負担を減らすことができます。

またお仏壇や納骨堂もお墓と同じように非課税です

墓地不足に悩む東京都では、亡くなってからお墓を探すまでに数年かかっているケースも増えていますので、生きている間に探すことは、自分にとってもご家族にとっても経済的、精神的不安を取り除くことができるでしょう。

注意点としては都営の霊園や納骨堂の場合は、お骨がないと申し込みができませんので、都営の場合は、生前購入できないことを覚えておきましょう。

また、残った家族がその地に定住しない場合は逆に負担をかけてしまいますので、もし残った家族が転勤などがあり、他の都道府県での生活をすることが考えられるならお墓のお引っ越し(改葬と言います)ができる納骨堂がおすすめです。


詳しくはこちらのページをご覧ください。
>>納骨堂とは?


無料紹介のお申込み